リンパマッサージの資格が取れるオススメ通信講座を比べてみました!

いま注目のリンパマッサージの資格取得ガイド

リンパマッサージは独学でも習得できる?

リンパマッサージのスキルを身につけたいと考えた時「リンパマッサージは独学で習得できる?」と疑問を持つ方は多くいらっしゃるようです。こちらでは、独学で習得するリンパマッサージについて解説していきます。

リンパマッサージは独学で学ぶことができるの?

教材は豊富!でも通信講座と同じくらいの費用がかかることも…

リンパマッサージに関する書籍やDVDは多数販売されています。「独学でスキルを習得したい!」という方は人体の仕組みや解剖学といった医学書からマッサージ技術を学べる本やDVDまで、たくさんの書籍を活用するようにしましょう。ただ、こういった書籍や必要な道具をすべて用意すると、通信講座の受講料とほとんど変わらない金額になることもあります。費用面で独学を考えている方は、通信講座も検討してみるのがおすすめです。

独学でも可能!ただし習得までの道のりは困難…

もちろん、独学でリンパマッサージを学ぶのは不可能ではありませんが、独学でスキルを習得するには意思の強さが必要です。イチからリンパマッサージを学ぶ場合は分からないことばかりですが、独学の場合は分からないことを教えてくれる指導者がいません。さらに、適切なカリキュラムや学習計画を自分で立てる必要があります。なかには、勉強の間が空いてしまって、途中で投げ出してしまった方もいるそう。本当に1人でも勉強を継続できるか、よく考えて選ぶようにしましょう。

また独学で行う大きな問題点が技術面の習得でしょう。書籍などで知識が豊富になったとしても、実際に手技で活かすことが出来なければ意味がありません。技術面を学ぶためには、プロの施術を実際に受けることが最も大切です。書籍では記載されていない体の使い方など、プロから見て学ぶことができるでしょう。

実際にプロの手技を体験することで、セラピストの手の動きや体の使い方、体重移動の方法など詳細にチェックすることができます。本来リンパマッサージは手先だけで行うのではなく、体全体で実施するのが正しい方法です。細かな体の動きなどをしっかり見ることによって、自身の未熟さを実感するかもしれません。独学とプロの違いを知ることで、さらに技術面に磨きをかけたくなるでしょう。

技術面を磨くためには、チェックした後の実践が大切です。友人や家族などに協力してもらい、実際にマッサージをやらせてもらってください。できればプロのリンパマッサージを受けた経験がある人で試すのが理想的。マッサージ経験がある人の方が、よりプロとの違いを判ることができるでしょう。しっかりプロとの違いを教えてもらうことによって、技術面の向上に繋がります。全く何も体験をしなければ、知識があったとしてもセラピストとしては未熟でしょう。何度も実践を繰り返し、体の上手い使い方などを身に付けてくださいね。

独学は危険!デメリットが多い

リンパマッサージを独学で学ぶ場合のデメリットを説明します。

逆効果のマッサージをしてしまうリスクがある

リンパを逆方向に流してしまったり、誤ったオイルの使い方をしたりすると、老廃物が排出されるどころか、逆効果になってしまいます。また、力の入れ方も重要なポイント。力を入れすぎると、皮膚がたるむ原因になってしまうこともあるそうです。

知識が偏ってしまう可能性がある

リンパマッサージ関連の書籍はそれぞれ少しずつ内容が異なります。なかには「リンパに関する知識」や「体質別のマッサージのやり方」といった学ぶべき情報が載ってない本も…。複数の本を読むことで知識の偏りを防げますが、書かれている内容が違って戸惑ってしまう可能性や、余計な費用と時間がかかってしまうといったデメリットもあります。

誤った知識を修正してくれる方がいない

独学の難しいところは、指導者がいないことです。間違った知識の覚え方をしても、訂正してくれる方がいません。専門的な知識や技術が求められるリンパマッサージをイチから学び始める方にとっては、特に大きなデメリットです。

就職に活かせない可能性が高い

独学でリンパマッサージを学んでも証明する資格がなければ、就職活動で活かすのは難しく、資格を持っている方に比べると不利になってしまいます。スキルを就職に活かしたい方は、資格を取得するのがおすすめです。

ホスピタリティ精神も身に付けましょう

なぜリンパマッサージを受けに来ると思いますか?もちろん体の調子を整える目的がメインでしょうが、癒しを求めに来る方も沢山います。

そのためセラピストは知識や技術以外にも、ホスピタリティ精神が問われる職業でもあるでしょう。ホスピタリティ精神を身に付けることによって、施術を受けにきた方に対し癒しを与えられる存在になれますよ。

たとえば快適な空間づくりのプロヂュース、接客のマナー、会話力などがホスピタリティ精神のひとつです。常にこれらのことを念頭において、接客してくださいね。

どうしても不安に思ってしまうこともあります。その場合にはマナー学と呼ばれる講座が存在。マナー学であれな、より詳細に接客態度などを教えてくれます。もちろん独学で学ぶことも可能ですが、少しでも不安があれば講座などの専門分野で学んでも良いのではないでしょうか。

独学でリンパマッサージなどの技術を習得し、どんなに技術が向上してきても接客態度の悪いクリニックには、もう一度行きたいとは思わないはず。セラピストの立場だけでなく施術を受ける人の立場に配慮することこそがホスピタリティです。独学にこだわることなく専門家から知識を学ぶようにしてくださいね。

正しい知識を得るには講座受講がオススメ

独学でリンパマッサージを習得するのはデメリットが多く、就職に活かせない可能性もあります。正しい知識や技術を身につけるためには、資格取得を目指せる通信講座や通学制のスクールに通うのがおすすめ。必要な知識が分かりやすく書かれているテキストが用意されており、添削指導を受けることもできます。

通信講座は、通学制スクールと比べて費用が抑えられるのが特徴です。独学とあまり変わらない費用で受講できることもあるそう。自分のペースで学習を進められるので、主婦や就業中の方にもぴったりですよ。

リンパマッサージの資格が取れる通信講座Best3
1位
資格のキャリカレ

キャリアカレッジジャパン公式HP引用元:キャリアカレッジジャパン公式サイト
http://www.c-c-j.com/

リンパケアセラピストとアロマテラピスト2つの資格取得を目指せる。
学習時間は1日15分程度で、修了期間の目安は5ヶ月。開業サポートなども充実している。

受講料
リンパケアセラピスト資格取得講座39,000円(税抜)

資格のキャリカレの公式HP

2位
グローバル
ボディケア
総合学院

グローバルボディケア総合学院公式HP引用元:グローバルボディケア総合学院公式サイト
http://g-bodycare.net/

実績があるプロの講師陣が技術と理論の両方をサポートしてくれる。
全身のオイリングからトリートメントまでを学べる「リンパリファインセラピー講座」がおすすめ。

受講料
リンパリファインセラピー講座42,000円(税抜)

グローバルボディケア総合学院の公式HP

3位
ベリーナチュラル
セラピースクール

ベリーナチュラルセラピースクール公式HP引用元:ベリーナチュルセラピースクール公式サイト
http://aroma-berry.biz/

リンパドレナージュやアロマテラピーに関連する講座を用意。「リンパドレナージュ4WD講座」は、ネットにつながりさえすればどこでも学習できるeラーニング形式を採用している。

受講料
リンパケアセラピスト資格取得講座49,200円(税不明)

ベリーナチュラルセラピースクールの公式HP

リンパマッサージの資格が取れる通信講座Best3

サイトマップ