リンパマッサージの資格が取れるオススメ通信講座を比べてみました!

いま注目のリンパマッサージの資格取得ガイド

リンパマッサージの資格が活かせる仕事

こちらではリンパマッサージの資格を取得した方の口コミから、スキルが活かせる仕事をリサーチして紹介します。

資格を取るだけではいけない

リンパマッサージの資格といっても、細かくわかるとたくさんの種類のものがあります。これらを、活かすためにも、どういういった仕事があるのか。そして、どのように活用することができるのか。また、資格を持っていても、気をつけなければならないこともたくさんあります。その資格だけでなく、併用して別の資格をとる必要もあります。まず、資格をとると決めたら、どこで活用したいのか?ということをはっきりとしておきましょう。ここから紹介するのは、様々な仕事です。ぜひご自分の計画と合う仕事を探してくださいね。

自宅サロン

リンパマッサージの資格を持っていれば、自宅で自分のエステ店を開業することも夢ではありません。

しかも、自宅で開業するエステサロンには、メリットがたくさんあります・リンパマッサージで使用するのはオイルやタオル、そして施術者の手のみ。エステサロンのように美容機器や専用設備を用意する必要はありません。ここまでは、極論でスペースさえあれば、そのまま開業することが出来るという話であって、実際はそうはいきません。というのも、他のエステ店と比べると雰囲気が全くないと、来店したお客さんの気分を下げてしまう可能性があるので、ある程度設備を整える必要があります。とはいえ、用意するものはそこまで多くはありません。間接照明や、ちょっとした絵やオーガニック家具を安価で揃えれば10万円以内で用意できるものばかりなので、そこまで費用がかからないと言えます。このような点で、自宅サロンを開業するのは、魅力的であると言えます。また、広いスペースも必要ないので、店舗を借りずに自宅でサロンを開業する方が多くいらっしゃいます。また、自宅で開業する場合、多くの人が、家族の人がいない時間帯を狙ってエステサロンを開業するという場合が非常に多くなっています。特に多いのが、夫、お子さんが不在の午前〜午後の早い時間を活用して営業する場合です。このような時間で行えば、家族に迷惑をかけることはありません。店舗費用が不要になるほか、勤務形態を自由に決めることができ、自分らしく働けるのが自宅サロンの魅力です。

ここまで考えると、資格を取ったら家で開業すれば、楽ではないか?と思うかもしれませんが、次のリスクがあるということも理解しておかなければなりません。

1、マンションの場合、規約違反になる可能性が高い

分譲マンションや、賃貸マンションによっては、契約時に部屋を経営目的で使用してはいけない。という規約を設けている場合があります。これに該当する場合は、まず開業出来ないと思って良いでしょう。場合によっては、交渉次第で変更することが可能なこともありますが、必ず確認しておきましょう。間違っても内緒で進めることだけはしないように気をつけてください。最悪、違反が発覚した場合即時退去も考えられます。

2、商品を販売する際は、薬事法の知識が必要

エステサロンでは、施術サービスの他に体に良い化粧品やサプリメントを販売している場合があります。

もし、自宅エステでこのような商品を販売するのであれば、場合によっては薬事法の専門的な資格が必要です。特に、海外の化粧品やサプリメントを直接輸入して販売するのであれば、必要になるので覚えておきましょう。

3、家族の同意がなければ成功なし

何より大切なのは、家族の同意です。家族に内緒で開業した場合、必ず反発を受けるでしょう。このような事態になれば、家族の亀裂が生じる事態になる可能性もあります。そのため、行う際は、事情を説明して協力をしてもらうことも大切です。

4、お客さんを、自分で集めなければいけない

開業となると、お客さんを1から集めていかないといけません。そのために、どうすればお客さんが集まってくるのか。工夫して行う必要があります。最初の頃は知り合いだけでも経営は成立するかもしれませんが、将来的にはそれだけではうまくいきません。このようなことも当たり前ですがやらなければならない必要があります。

このように、メリットだけではなく、気をつけなければならないこともあるので、開業する際はこのような点にも気をつけて検討すると良いでしょう。

エステサロン

リンパマッサージはダイエットやアンチエイジングをはじめ、バストアップや美肌効果にも期待できます。そのため、リンパマッサージをメニューに取り入れているエステサロンが多いのです。リンパマッサージをメニューに増やすために資格取得を目指す方や、エステサロンで経験を積んでから独立して開業する方もいるそう。美容業界に憧れている方は、資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

リラクゼーションサロン

リラクゼーションサロンでは、美容目的の施術を行うエステサロンと違い、体質改善や疲労回復といった内面的な部分へアプローチしていきます。女性客が多いエステサロンに比べ、老若男女、幅広い方の健康をサポートできるのがリラクゼーションサロンの特徴。ここ最近では、リンパマッサージが注目されているので、働く需要は高くなっていると言えます。リンパマッサージには、疲労回復や免疫力をアップさせる効果があり、リラクゼーションサロンでもスキルを活かすことができます。リラクゼーションサロンでは、資格がなくても働くことが可能です。お店では、未経験者を募集しているサロンもあります。資格の勉強を同時並行で学んでいきたい人は、リラクゼーションサロンがおすすめです。もちろん、資格を取らなくても施術は出来ますが、リンパマッサージは、正しい知識があるのと無いのでは、サービスの質に大きく影響します。また、開業を視野に入れている人は、お店で一度働いて知識と実績を作るのも良いでしょう。開業した場合、お客さんが自分のお客さんとして来店する可能性が高くなります。様々なことがお店では学ぶことができるので、経験値を積むという意味で検討するのは良いかもしれません。

美容院やネイルサロン

リンパマッサージと関係ないように思える美容院やネイルサロンですが、他の美容院やネイルサロンとの差別化を図るために、メニューにリンパマッサージを取り入れているところがあります。リンパマッサージの資格を持っているだけで、他の人には出来ない施術が可能になります。確かに、リンパマッサージのやり方は、インターネットを調べればある程度学ぶことができるので、資格がなくても効果があるかもしれません。しかし、資格を持っている人がリンパマッサージを行うと、資格が無い人に比べて効果的な施術をすることができます。そのため、お店側もリンパマッサージのサービスを行う上で、資格を持っている人がいれば、「資格を持っているセラピストによる施術」とホームページ等に記載することができます。そのために資格取得を目指す方もいるそう。集客が期待できる新しいサービスとして、ぜひ検討してみてください。もちろん、これらのお店で働く際には、それ以外の資格も必要になってきます。リンパマッサージの資格だけで働くのは難しいと言えるかもしれません。しかし、既に他の資格を持っていて、何らかの理由で仕事を離れ復帰したいのであれば、有効的です。お店の人も、魅力的な人材として重宝してくれることでしょう。

医療や福祉関係

医療現場では、今リンパマッサージが複合医療として注目されています。その理由は、リンパマッサージをすることで、むくみの改善や循環機能を高める効果があると言われているからです。リンパマッサージの資格を取得した方の中には、医療や福祉の場でスキルを活かしている方もいます。リンパマッサージを行って、リンパ浮腫で悩んでいる方の症状を緩和や、介護施設に住むお年寄りのむくみを解消することができるのです。具体的には、がん患者の手術後のむくみを取り去る、むくみによる患者のけだるさ、重圧感、つかれやすさを改善させてあげることが役目となります。医療や福祉の場で働く方にとって、ケアできる範囲が広がるのはとても嬉しいことなのだそう。新しいスキルを身につけたいと考えている方は、参考にしてみてください。医療関係のリンパ資格は、他と比べて細分化されています。

リンパドレーナジセラピスト、リンパ浮腫みセラピスト、浮腫療法士、リンパドレナージ、経路リンパセラピストと多岐に渡ります。医療リンパドレナージでは、細胞の隙間にたまっている組織液や、リンパ液を専門的な知識によって適切な施術を行い、浮腫みを改善させます。この他にも、排液効果を高めるための運動療法を患者に施す、医療リンパドレナージによって、皮膚を良好に保つ、と役割は様々です。最近では看護士がこの資格を取っている場合があります。看護士さんでもこの資格を持っていると、出来ることが増えるので、今後も注目される資格です。もちろん、看護士でなくてもこれらの資格を取得することが出来ますが、この資格だけでは医療現場で働くことができません。医療従事者、理学療法士の資格がマストになるので、合わせて資格取得をしておく必要があります。

まとめ

今回は、リンパマッサージの資格を持っていると働ける仕事について、いくつか紹介してきました。今後もリンパマッサージの需要は、医療、美容の面から注目をされていく資格です。エステティシャンが勉強すれば良いという資格ではないので、興味のある人は是非資格取得をしてみましょう。もちろん、それぞれの仕事で、気をつけなければいけないことはたくさんあるので、その点に注意をしながら資格取得をしてください。資格を取らなければ良かったとならないように、事前リサーチも大切な第一歩と言えます。

リンパマッサージの資格が取れる通信講座Best3
1位
資格のキャリカレ

キャリアカレッジジャパン公式HP引用元:キャリアカレッジジャパン公式サイト
http://www.c-c-j.com/

リンパケアセラピストとアロマテラピスト2つの資格取得を目指せる。
学習時間は1日15分程度で、修了期間の目安は5ヶ月。開業サポートなども充実している。

受講料
リンパケアセラピスト資格取得講座39,000円(税抜)

資格のキャリカレの公式HP

2位
グローバル
ボディケア
総合学院

グローバルボディケア総合学院公式HP引用元:グローバルボディケア総合学院公式サイト
http://g-bodycare.net/

実績があるプロの講師陣が技術と理論の両方をサポートしてくれる。
全身のオイリングからトリートメントまでを学べる「リンパリファインセラピー講座」がおすすめ。

受講料
リンパリファインセラピー講座42,000円(税抜)

グローバルボディケア総合学院の公式HP

3位
ベリーナチュラル
セラピースクール

ベリーナチュラルセラピースクール公式HP引用元:ベリーナチュルセラピースクール公式サイト
http://aroma-berry.biz/

リンパドレナージュやアロマテラピーに関連する講座を用意。「リンパドレナージュ4WD講座」は、ネットにつながりさえすればどこでも学習できるeラーニング形式を採用している。

受講料
リンパケアセラピスト資格取得講座49,200円(税不明)

ベリーナチュラルセラピースクールの公式HP

リンパマッサージの資格が取れる通信講座Best3

サイトマップ