リンパマッサージの資格が取れるオススメ通信講座を比べてみました!

いま注目のリンパマッサージの資格取得ガイド

開業したい場合

私が講座選びで重視したポイント

アロマセラピーを学ぶ女性

開業を目的とするなら、講座選びは非常に大切。開業経験者が多い講座、開業アドバイスを受けられる講座、リンパマッサージだけでなくアロマセラピーなど、施術の幅を広げられるものも合わせて学べる講座などを選んだという声が上がっています。

自宅でサロンを開業するためのポイント

自宅でサロンを開業するためには「腕に自信がある」というだけではダメ。物件の選び方や薬機法・公衆浴場法などの法的知識、さらには開業資金や運転資金、集客方法などについてもしっかり考える必要があります。

自宅サロンを開業したい私が選んだ講座はココ!

自宅サロンを開業したい人に人気なのが、キャリアカレッジジャパン(資格のキャリカレ)です。知識や技術を身につけられるだけでなく、開業サポートも充実しているのが人気の理由です。

自宅でプチ開業がしたいアナタにおすすめの講座

自宅でのプチ開業におすすめの講座としては、キャリカレのリンパケアセラピスト資格取得講座や、シーズオンラインカレッジのメディカルリンパドレナージュ講座、IMSIのIMSI認定アロマセラピスト養成コース通信講座などが挙げられま

自宅でサロンを開業したい50代・ミチコの場合

人を健康にし、癒す力のあるリンパマッサージ。いつか自宅サロンを開業することをずっと夢見ていました。家を建てる際に大手住宅メーカーにお願いしたのも、自宅でサロンを開くことをふまえた上でのこと。最近50歳になったばかりの既婚者なのでスクールに通うのはちょっと抵抗があるのですが、通信講座でも本格的に資格が取れると知ってから、リンパマッサージの資格取得を目指すことに決めました。

私が講座選びで重視したポイント

夢にまで見た開業のため。せっかく受ける講座だから中途半端には決められません。そのため、リンパマッサージに関する知識や技術が身に付くところで学ぶことにしました。お店によって講座のカリキュラムや進め方は異なるので、自分が「これだけは妥協できない」という箇所を決めておくといいでしょう。

1.開業のアドバイスが受けられるか

通信講座といっても、本格的に学べるかどうかが重要。リンパマッサージの基礎はもちろん、必ずプロの手技が身に付くところで講座を受けたいと思いました。開業するからには、本格的に学ぶほうが高いサービスを提供できると考えたからです。また、受講したことのある人の中で開業した経験がある人がどのくらいいるのかもチェックしておきたいポイント。開業に関してアドバイスをしてくれるところだとなおさら嬉しいですね。

2.幅広い資格に対応している

リンパマッサージの技術はもちろんですが、それ以外にアロマセラピーについて学びたいと思ったんです。施術の幅を広げて、さまざまな癒しを求めにくるお客さんに対応できるようになれたら素敵ですよね。そのため、取得できる資格の充実度もチェックしました。お店によってはリンパマッサージ専門でその他の資格には対応していないところもあるんですよ。

自宅でサロンを開業するためのポイント

リンパマッサージの資格さえ取れば、自宅でサロンを開業するのも決して夢ではありません。

例えば一人で開業をするとした場合、資格後すぐに開業するというのは無茶な話です。普通セラピストというのは様々なサロンで職務経験を積み、常連のお客様に求めてもらい、自信がついたところでやっと開業ができるというものです。リンパドレナージュのサロンであれば、国家資格であるマッサージや鍼灸のような公的機関への登録は必要なく、自宅で簡単に開業することができます。リンパマッサージの施術方法は全て手で行いますので、エステのような高額な機械を用意する必要もありません。そこで、自宅で開業する際の注意点というものが少なからず存在してきますので、さらに詳しく説明していきたいと思います。

1.自宅開業に必要な知識と注意点

自宅で開業する際の知識や注意点について説明します。

自宅開業に必要な知識

自宅開業に必要な知識としては「法的知識」が挙げられます。たとえば、サロン内でコスメやサプリの販売をする場合、薬機法(薬事法)の知識はどうしても必要となります。「サプリではなく医薬品を無許可販売していた」などというケースは当然薬機法違反となりますし、海外からのサプリ輸入の際などにも、薬機法上問題がないかどうかのチェックは必須です。

また、サロンにシャワーを設置する際は保健所で「公衆浴場法」に基づく許可を取る必要があります。これらを無視した法律違反は処罰の対象となる可能性があり「知らなかった」では済まされません。

自宅開業の際の注意点

自宅開業の際の注意点としてはまず「物件の条件を事前にチェックしておくこと」が挙げられます。物件によっては、営業活動に関するものを全て禁止しているというケースがあり、そうした物件ではサロン営業はできません。

また「自宅内に第三者(お客)が入ってくる」という自宅開業だからこそ、サロン営業開始前に家族に説明をして理解・同意を得なければいけない、というのも大きな注意点として挙げられます。

営業時間などを知らせるのはもちろんのこと「お客をどのエリアまで入れるのか」「家庭としてのプライバシーをどう守るつもりなのか」などをしっかりと説明し、家族に理解や同意を得ておかないと、家族間トラブルの引き金になりかねません。

2.開業資金について

自宅でサロンを開業するにあたって、一番気になるのは開業資金についてではないでしょうか。そもそも、自宅開業というのは自宅の一室を施術する場所tなるため、開業の費用はかなり抑えることができます。別で店舗を借りると月々の家賃が発生するのでその分の負担額は増え、その分の利益をあげないことには経営破綻になってしまいます。

しかし、自宅で開業をする際は金銭的な部分に余裕が生まれ、無理のない範囲で開業ができるのです。それに、ベッドやタオル、オイルといった揃える道具も限られており、大体のものは安く購入できるものばかりです。美容クリニックやエステと違って高額な機械を用意する必要はなく、技術力といった腕一本で勝負ができるというのも自宅開業にとっての最大の強みでもあります。ということから、必要最低限の道具さえあれば開業ができるということです。

今では、子育てに一段落がついた女性も多く自宅開業しており、時間帯も自分で全て決められますので、生活面で忙しい人には向いている経営方法ともなるのです。

3.具体的な開業資金

先ほども述べましたが、自宅でサロンを開業する際はかなりの低資金で営業することができます。人を雇う必要ありませんので人件費といった費用も一切かかりません。経営するにあたって大きな支出となってくる家賃と人件費がかからないというのは大きなメリットとなるのです。では、そんな低資金から始められる自宅開業資金には、どのぐらいのお金が必要になってくるのでしょうか。具体的な金額を記載しますが、あくまでも目安だと思ってください。

ベッド→約30,000円 〜 100,000円

ベッドは、サロンを開業する上でとても大切なものです。

ベッドの寝心地が、来客する人をいかにリピーターとして増やすことができるか? ということに関わってきます。特に、高さが調節できるもの、リクライニングがしっかりしたものを選ぶと良いでしょう。ここを安価な家具にしてしまうと、将来的に劣化が激しくて買い換える、お店の雰囲気を変えるために買い換える必要があるので、出来ればこだわりの良いものを選びましょう。

海外メーカーのものを購入することも視野に入れてください。

自宅エステでは、初期費用があまりかからないからこそ、店舗を借りる費用や、内装費で浮いた費用分をここに充てるのも1つの手段と言えます。

タオルやバスタオル、シーツ→約20,000円

お客さんに直接触れる備品でもあるので、多めに揃えておく必要があります。

とくにオイルを使用したマッサージの場合、1人あたりのお客さんに1枚のタオルでは追いつかない場合があります。余裕をもって、5枚程度使用すると仮定し、1日の来客数を想定した分だけ余裕をもっておくと良いでしょう。ケチってしまうと、その分だけお客さんを取りこぼしてしまう可能性もあります。また、購入するのが高いと感じるのであれば、レンタル品を活用しましょう。

レンタル品であれば、月額○○円で決められますし、洗う手間も省けます。

効率よく稼ぎたいのであれば、バスタオルをはじめとしたリネン関連の製品をレンタルできるので検討して見るのも1つの方法です。

マッサージオイル(1カ月分)→約3,000円

マッサージオイルも、エステでは使用する大切な備品です。消耗品でもあるので、常に在庫をある程度確保しておかなければなりません。良いオイルを購入すれば、3000円〜1万円程度の価格で購入することができます。この時に大切なのが、お客さんに1人あたりに対していくら使うか? ということです。利益のことを考えながら、コース料金の設定を考えてみましょう。

間接照明→約5,000円

自宅をそのままエステサロンにした場合、何も手入れをしていないとただのマンションの1室になってしまい、雰囲気もありません。しかし、間接照明をつけて装飾をつけたりすることで、更に良い空間へと演出することが可能になります。どの程度こだわりを持って行うかは、個人に委ねられているので、こだわりを持って選びましょう。

オススメは、ネットで閲覧するだけでなく家具店を回って選ぶようにすることです。

様々な種類の間接証明が売っているので、自分好みの照明を手に入れることができます。

アロマディヒューザー→約5,000円

おしゃれな雑貨屋〜100円ショップまで様々なところで目にすることができるアロマディフーザーですが、これも欠かすことが出来ません。すぐに購入するのではなく、様々な雑貨屋さんや、家具店を回って自分のお店のコンセプトに合うこれという商品を見つけましょう。性能は良いけれど、お店におくと雰囲気を台無しにしてしまう可能性のものもあるので、慎重に選ぶことが大切です。

アロマ精油(1カ月分)→約2,000円

サロンに欠かせないアイテムの1つである精油は、それぞれに特性がありますよね。

自分がよく使用しているものを購入するのも良いですが、お客さんの要望に合わせて揃えることも大切です。アロマ精油にこだわりを持つのであれば、初期投資にかなりかけることになります。

最初の段階では、ベーシックなアイテムを揃えるようにするのも良いでしょう。

開業前に、他のエステで実績があるならば、店長・従業員のアドバイスをもとに選ぶのも1つの方法です。

電気敷き毛布→約10,000円

エステ中は、服を脱いで薄着になるので、電気敷き毛布は欠かせません。

良い電気敷き毛布になれば、温度調節を細かく設定することが可能です。

簡易的なものもありますが、施術者の考える温度と、お客さんの温度感覚ではかなり違ってくるので、細かい調節がきくものを選びましょう。

ホームページ作成 50,000円〜100,000円

開業をするのであれば、新規のお客さんが来やすいようにホームページを作成する必要があります。

Twitterやinstagramといったツールがあるから必要がないと思われがちですが、これらのSNSでは予約フォームが作れません。

また、お店の評判が良くてもホームページの作りがいい加減だと来店をやめようと考える人もいます。

無料でホームページを作成することが出来ないことはありませんが、せっかく開業をするので、自分専用のドメインを用いたホームページを作るべきです。

知り合いにホームページを作るスキルを持っている人がいれば、その人にお願いをすれば良いですが、それでも5万円程度の予算がかかると思っておきましょう。

運転資金の確保

開業して、初日から利益を生み続けるのはまず不可能に近いと思ってください。

もちろん、タレントやSNSでの拡散力があれば、初日からでも稼ぐことは可能です。

しかし、多くの人がそうではありませんよね。ということは、赤字の期間が発生するということです。

この期間を上手に営業するためにも運転資金が必要です。

考え方によりますが、運転資金は主にマッサージで使用するエステの備品関連や、広告を出すための費用など様々です。運転資金が0円で開業してしまうと、自分の貯金を切り崩して赤字の期間を乗り越えなければいけません。

そのため、ある程度の期間を設定して、その期間は運転資金で乗り切ると考えると良いでしょう。

運転資金の具体的な金額は、開業する人によって様々ですが、1ヶ月あたり20〜30万円程度確保してあると安心です。もちろん、運転資金なしでも自宅がサロンなので、家賃は不要ですが、開業した後何が起きるかわからないので、それに向けての備えであると考えましょう。

といったところではないでしょうか。あくまでも目安ですが、約75000円から始めることができるということです。ここからさらに装飾費用や小物類、お花や絵などを考えたらさらに費用は高くなりますが、必要最低限のものだけ揃えるとすれば10万円を切る費用から始められるのです。もっと高みを目指すのであれば、インテリアにはもっとこだわった方がいいですし、お客様が使うベッドも心地の良いものを選んだ方がいいかと思います。

初期投資をうまく成功させるコツ

最低限の費用ではなく、納得のいくお店作りを

自宅で開業をする場合、運転資金はどのようにも調整することが出来ます。

とにかく安い資金で開業したいのであれば、最低限の資金で開業をすることも不可能ではありません。しかし、あまりに最低限の資金で開業をしたとしても、良いお客さんがつくとは限りません。

その点を考えると、納得のいくサロンに到達出来ているかどうかを自分で判断する必要があります。

納得がいくクオリティのサロンに近づけるためには、ここで紹介した運転資金以上に必要な場合があります。最低限で開業するというより、納得して開業する方法を選択しましょう。

開業資金まとめ

低コストで開業することは、目指したいポイントでもありますが、ひとまず開業することがメインと考えるのであれば、先ほど紹介した約75000円を目標に資金集めをするように努力しましょう。お店を開業と聞けばかなりの資金がかかると思うのが普通かもしれません。しかし、自宅サロンは意外とリーズナブルでできますし、少ない資金から始められるというのが大きな特徴になるのではないでしょうか。

4.高い技術力だけで集客出来るわけではない

自宅開業をした人というのは、それなりに高い技術を持った人が主となります。ですが、その中でも多くの人がなかなか結果へと繋がらないので試行錯誤しているそうなのです。こういった悩みを抱えている人のほとんどはお客様の数になるのです。そもそも競争率が激しい世界でもありますので、思ったより集客が伸びずに廃業していくサロンというのは山のように存在しています。ローリスクで始められるからこそ簡単に開業ができ、その分廃業するサロンの数も多いというわけです。元々サロンで働いていて、勤めていたサロンのお客様が全員新しい自分のサロンに来てくれれば何の問題もないでしょう。しかし、場所が大きく変わってしまった場合には、全員のお客様が新しいサロンに来るということ自体かなり難しい話になるのです。ということから、新規の顧客を集めるということもここではとても大切なことになります。技術力は絶対に必要な部分ではありますが、それに加えて集客についても学ぶ必要があるのです。ですので、安定して経営をしていくには、高い技術力と同時に集客に必要なノウハウも一緒に手に入れなければならないということです。

5.自分なりの集客方法を考える

個人経営のサロンで大切なポイントは、集客方法です。最も大切なのは、「いかにして、サロンにお客さんを呼ぶか」ということがとても重要になります。逆に考えると、集客方法を考えていなければお客を呼ぶことはまず不可能といって良いでしょう。そこで、簡単にできる集客方法をご紹介します。

① SNSで拡散を常に心がける

SNSで情報を発信して集客するのは、今の時代では必要不可欠な方法であると言えるでしょう。

twitter、facebook、インスタグラムと色々な手段でサロンを紹介するのは間違ってはいません。しかし、情報を発信する際に気をつけなければならないのが、他のサロンとどのような差別化をつけて発信をしていくか?ということです。このプランをしっかりしていないと、ただ個人がやっているSNSと変わらなくなってしまいます。お店のサービスを中心に情報発信をするのか、お客さんに美容の最新情報を知ってもらうために発信をするのか、サロンの通いやすさをアピールするのかなど発信方法は様々です。だからこそ、しっかり情報発信する際は、集客につながる方法は何かを考えて行うようにしましょう。

② ホームページ作りにこだわる

今や、ホームページを持っているサロンは当たり前の時代になってきました。ひと昔前であれば、ホームページを持っているだけで集客をすることが出来ましたが、近年ではどのサロンもホームページを持っているので、他店舗との差別化をはかる必要があります。しかも、サロンの場合は、ホームページの作りを見ただけで選ばれない可能性もあります。ホームページのレイアウトにはしっかり時間をかけましょう。また、ホームページで見た目を綺麗にするだけでなく、予約フォームや、サロンの場所がわかるように客目線で構成されたページ作りに努めることも大切です。特に、サロンは女性客がメインとなります。そのため、スマホからアクセスする人が多くいると思うので、スマホで閲覧した時に見やすいレイアウトは何か?を極めると良いでしょう。

③ 口コミ客を1人でも多く増やす

個人経営のサロンは、口コミ客が生命線です。全国展開をするような大型店に勝つためには、口コミ客を増やし、確実にサロンに来る人を増やす努力が必要です。サロンを紹介するページに口コミが載れば良いのですが、それよりも大事なのが、女性のネットワークを活用した口コミです。アナログですが、女子会等でサロンの話題が出れば、足を運ぶ人が増えることでしょう。そのためには、強みを見つけなければなりません。また、開業当初はお客さんに知り合いが多く、知り合いが口コミで広げてくれるだろうと淡い期待を持っている人もいるかもしれませんが、これは確実とはいえません。

知り合いの場合、きちんとした判断をすることが出来ていない可能性があるので、サロンに初めて訪れた美容意識の高い人に口コミを広げると良いでしょう。知り合いの力に頼っていては長期的に経営することが出来ません。

6.経営としての意識を持つ  

個人リンパマッサージサロンを経営する人の中には、個人で全部行うために「経営」と捉えていない人も少なくありません。いくら規模が小さくても開業しているのであれば、りっぱな「経営」です。

しかし、意識していなければ、ただの趣味活動となってしまい、なかなか成長することが出来ません。サロンをビジネスとして成り立たせたいのであれば、必ず「経営」の目線で考えるようにしましょう。
とはいえ、経営と聞くとやりづらい。そう感じる人もいるかもしれません。しかし難しく考える必要はありません。数字に置き換えてサロンの運営を考えることが大切なのです。

数字となると、価格だけと考えがちですが、それ以外にも数字で置き換えられるものがたくさんあります。総客数、客単価、利用者の内訳(新規、リピーターはそれぞれ何人いるのか)、リピーター率、これらは数字に置き換えておくと良いでしょう。数字にすることでサロンの弱点が見えてきます。それだけではありません。例えば、リピーター率が低い場合どうしたらリピーターを増やすことができるのか。来月は、リピーター率を増やそうと目標にもなります。数字にすることで一目でサロンの強み・弱みが見えてくるので、オススメの方法と言えます。

7.生き残るためにサロンの強みを考える

リンパマッサージを自宅で開業する場合、長期的な経営をすることが出来ればそれに越したことはありませんが、サロンによっては数年で閉店してしまうことも少なくありません。

その原因を突き詰めていくと、やはり全国展開しているような大型店と比較した場合、大型店に通った方がお得なことが多い。と客が感じてしまった場合です。一度来店したことある客でも、メリットがなければ、通ってはくれません。そのため、個人経営サロンは強みを常に考えておく必要があるのです。

価格の面で勝負をしても、どうしても大型店では勝てません。しかし、個人経営のサロンだからこそ優っている部分もあります。例えば、個人情報の保護。大型店でもプライバシーを守る工夫はしていますが、施術ルームが多いため誰も会わずに施術を受けることは不可能です。また、スタッフも多く信頼できるスタッフだけではないこともあります。しかし、個人経営のサロンであれば、時間を調整したりできるので、誰にも会うことなく施術を受けることが可能です。そのため、芸能人をはじめとしたプライバシーを気にする職業の人には重宝されるでしょう。このような人が口コミで拡散してくれれば、きっとお客さんも増えていくでしょう。プライバシー保護はほんの1例にしかすぎません。これ以外にもジン経営のリンパマッサージサロンの強みは多くあるので、一度客観的にサロンの強みを検討する時間を設けることも必要です。

8.長期計画を立てる

個人経営のサロンといえど、長期計画を立てなければ個人経営サロンとしての成功はあり得ません。

しかもこの計画は、「サロン開業後」で考えてはいけないのもポイントです。

開業後の計画を考える人は多くいますが、実は開業前からしっかりと計画を練ることが大切です。

開業前は、どのような状態でサロンを開業させたいのかを中心に考え、開業後の計画を1年後、3年後、10年後と長期プランでどうしたいかをしっかり考えておくと良いでしょう。

長期計画を立てることで、自分の達成度は今どの辺りにあるのかを判断できますし、仮に計画通りいかなくても、どのように修正する必要があるのか考え直すこともできます。

長期的な視野を持って経営することで、目標に向かって進むことになります。この計画を立てていないと、サロンを開業することが目的になってしまい、その後うまくいかないことが多くあるからです。

どんな目標でも構わないので、長期的にどのようにしたいかしっかりと持つように心がけましょう。

今回紹介したポイントは、ほんの1部にすぎません。個人経営のサロンは工夫が必要です。

リンパマッサージの質を高めることも大切ですが、それ以上に「経営」という目線を持つことができるかどうかが、開業する上では大切な要素であると言えるでしょう。

9.自宅開業サロンを研究する

開業するにあたって、成功させるための要素の1つとして、他のお店の研究をすることです。

実際に経営しているお店を研究することで、どうしてこのサロンは成功しているのか?

なぜ、リピーターがこのサロンに通っているのか? ということを知ることが出来ます。

実際に、お客さんになって訪れてみて、真似してみたいと思ったことは真似しても良いでしょう。

余裕があれば、自分も自宅でサロンを開業したいと言えば、アドバイスをしてくれるかもしれません。同業者は、客の奪い合いになってしまいますが、情報交換の場や、自分が仲間であることがわかれば、協力してお客さんの集客につなげることも可能になります。自分だけで限界だと感じている場合や、他のサロンを参考にしたいという場合は、是非積極的に活用してみましょう。

以上のように、自宅サロンを開業する際に、気をつけるべきポイントについて紹介してきました。

自宅サロンを開業すれば、自分のペースでゆっくり稼ぐことも可能です。

しかし、成功するまでには様々なハードルを乗り越えていく必要があります。

困ったことがあれば、是非、私が紹介したポイントを忘れずに開業を進めてはいかがでしょうか。

自宅サロンを開業したい私が選んだ講座はココ!

講座の質・種類ともに文句なしのキャリアカレッジジャパン(資格のキャリカレ)

あらゆるスクールの講座内容や種類の豊富さをチェックした結果、「ここだ!」と思ったところがキャリアカレッジジャパン(資格のキャリカレ)でした。8,000名もの人数が受講するほど充実したカリキュラムで、開業するにあたって必要な技術やサポートが豊富。他にもさまざまな資格が取得できるところは決め手の1つです。

わかりやすい教材で楽しく学べました♪

写真やイラスト付きのわかりやすいテキストは満足度90%。その他、現役セラピストが実技のレッスンを行っているDVDもあります。これを見れば基本から高度な技まで身に付けることができるんですよ。1日に15分だけ勉強すれば確実に技術が身に付くので、バタバタしているときでも遅れることはありませんでした。DVDを見ながら何度も夫を練習台にしていると、呆れられたことも。楽しく学べたので講座を受けるにあたってストレスは一切なかったです。

夢に見ていた開業が実現!

講座を受け始めて5ヶ月。無事資格を取得できました。昔から夢だった開業も果たし、嬉しさとこれからへの期待でいっぱいです。今は友人や知り合いに来てもらったり、その知人に紹介してもらったりと友人頼み。しかし、キャリアカレッジジャパン(資格のキャリカレ)の開業サポートで教えてもらったことを元に、これから集客の腕を磨いて口コミ・評判になるくらい有名サロンになろうと思いますよ。

自宅でプチ開業がしたいアナタにおすすめの講座

自宅でリンパマッサージサロンを開業したい方に向けて、開業サポートのある会社の中から更に価格が安い講座を紹介します。ミチコが受講した講座も含まれているので要チェックです。

キャリアカレッジジャパン(資格のキャリカレ)

初心者でも分かりやすく書かれたテキストやDVDなどで、リンパマッサージを学ぶキャリアカレッジジャパン(資格のキャリカレ)。プロの技術やノウハウを学べ、技術力はもちろん、施術の流れや声のかけ方など実践的な内容も教えてくれます。

講座名 リンパケアセラピスト資格取得講座
料金 39,000円(税抜) ※ネット申し込み価格。通常は49,000円
資格取得までの
標準学習期間
5ヶ月

キャリアカレッジジャパン(資格のキャリカレ)の公式サイトで講座の詳細をみる

シーズオンラインカレッジ

今まで非公開だった「メディカルリンパドレナージュ講座」が受けられます。本格的な技術をDVDや教材を通して学ぶことが可能です。資格を取得してからも、さまざまなサポートをしてくれます。

講座名 メディカルリンパドレナージュ講座
料金 59,400円(税込) キャンペーン価格49,400円(税込)
資格取得までの
標準学習期間
3ヶ月

シーズオンラインカレッジの公式サイトで講座の詳細をみる

自然療法の国際総合学院 IMSI

アメリカやイギリス、ベトナムや南アフリカなど世界を視野に入れたリンパマッサージの講座が受けられます。イギリスのIFPA認定講師が教えてくれるほど、本格的な指導が受けられるのが特徴です。

講座名 IMSI認定アロマセラピスト養成コース通信講座
料金 60,000円(税抜)
資格取得までの
標準学習期間
3ヶ月

自然療法の国際総合学院 IMSIの公式サイトで講座の詳細をみる

リンパマッサージの資格が取れる通信講座ランキングはこちら
↓↓↓↓↓

リンパマッサージの資格が取れる通信講座Best3
1位
資格のキャリカレ

キャリアカレッジジャパン公式HP引用元:キャリアカレッジジャパン公式サイト
http://www.c-c-j.com/

リンパケアセラピストとアロマテラピスト2つの資格取得を目指せる。
学習時間は1日15分程度で、修了期間の目安は5ヶ月。開業サポートなども充実している。

受講料
リンパケアセラピスト資格取得講座39,000円(税抜)

資格のキャリカレの公式HP

2位
グローバル
ボディケア
総合学院

グローバルボディケア総合学院公式HP引用元:グローバルボディケア総合学院公式サイト
http://g-bodycare.net/

実績があるプロの講師陣が技術と理論の両方をサポートしてくれる。
全身のオイリングからトリートメントまでを学べる「リンパリファインセラピー講座」がおすすめ。

受講料
リンパリファインセラピー講座42,000円(税抜)

グローバルボディケア総合学院の公式HP

3位
ベリーナチュラル
セラピースクール

ベリーナチュラルセラピースクール公式HP引用元:ベリーナチュルセラピースクール公式サイト
http://aroma-berry.biz/

リンパドレナージュやアロマテラピーに関連する講座を用意。「リンパドレナージュ4WD講座」は、ネットにつながりさえすればどこでも学習できるeラーニング形式を採用している。

受講料
リンパケアセラピスト資格取得講座49,200円(税不明)

ベリーナチュラルセラピースクールの公式HP

リンパマッサージの資格が取れる通信講座Best3

サイトマップ