リンパマッサージの資格が取れるオススメ通信講座を比べてみました!

いま注目のリンパマッサージの資格取得ガイド

日本リフレクソロジスト養成学院 REFLE

日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE リフレ】の公式サイト
引用元HP:日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE リフレ】公式
http://www.refle.co.jp/

日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE リフレ】のリンパマッサージの通信講座「リフレプロ資格取得コース」の詳細や受講料、口コミ情報などをお届けします。

「JHRS認定リフレクソロジープロライセンス実技士資格」の資格取得が目指せるおすすめの講座です。

リンパマッサージの資格/通信講座

講座名 リフレプロ資格取得コース
受講料 185,000円(教材費含・税別)
標準学習期間 1年+無料延長期間1年
添削数 3回
資格 JHRS認定リフレクソロジープロライセンス実技士資格

日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE リフレ】の通信講座とは?

リフレクソロジー(反射療法)をしっかりと学べる

日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE リフレ】では、その名の通りリフレクソロジーという施術法を教えています。

リフレクソロジーとは反射学あるいは反射療法とも呼ばれており、頭部や手、脚などにあるとされる「反射区」と呼ばれる部分を刺激することによって心身のバランスを整えることを目的とする施術法です。

よく知られる足つぼマッサージとリフレクソロジーとの違いとしては、前者は狭い部分に対しやや痛みを感じるような強めの刺激を与える一方、後者は前者に比べると比較的広い面積に対して痛みを感じない程度の刺激を与えます。

リフレクソロジーは身体面以上にメンタル面に働きかける効果があるとされ、欧米などでは緩和ケアや補完セラピーなどの一環として行われることが多くなっています。

毎日の通学が難しいという人でも安心して学ぶことができる

リフレクソロジーを学んでみたいと思ってはいるものの、仕事や家事、育児、介護などで毎日学校に通うのが難しいと感じる人も少なくありません。

REFLEの通信講座「リフレプロ資格取得コース」は、そういった人であってもリフレクソロジーについて学び、資格を取得することができるよう開設されました。学習はDVDとテキストを用いて行われ、これらに繰り返し目を通すことで確実にその技術や知識を身につけることができるよう工夫がなされています。

また、こういった自宅学習以外にも実際に校舎に足を運び、直接技術指導が受けられる「スクーリング」や「金曜オープンデー」という講座も開設されています。自宅学習の成果を専門のインストラクターに見てもらえるので、つまづき箇所の解消や進捗状況の確認も容易です。

医療・介護現場で優れた評価を受けるテクニックが身につく

日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE リフレ】では、ホスピス・緩和ケア病棟でのボランティアでの施術、脳神経外科クリニックの院長との「認知症患者へのリフレクソロジー施術」の共同研究などを実施。

リフレクソロジーは、医療や介護の現場で高く評価されています。

日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE リフレ】でなら、がんや認知症など病とともに生きる人や介護施設で過ごす人に癒しと心からのおもてなしを届けられるようなテクニックが身につけられるのです。

充実の就職サポート

就職に関するバックアップが充実しているので卒業後も安心です。就職先としては、一般のサロンだけでなく直営サロンも用意されており、また、自宅などでのサロン開業を希望する人へのサポートも行っています。

ちなみに、卒業後に直営サロンでの勤務を希望する場合は、「社員」あるいは「登録スタッフ」の2つの勤務スタイルから希望する方を選択できます。社員には月給制が導入されてるので、安定した収入を見込むことが可能。登録スタッフの場合は「週末1日だけ」「平日の3日だけ」など、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができます。卒業生の「家事や育児との両立」に充分に配慮したシステムだといえるでしょう。

日本リフレクソロジスト養成学院【REFLE リフレ】の通信講座の口コミ

亡くなった母が入院中、脚がパンパンにむくんだ状態で、それをただ擦ることしかできず、“もっと何かできる知識や技術があったらな”という思いが、リフレクソロジーを学ぶきっかけになりました。
通学には2時間以上かかるということもあり、フルタイムの仕事もしているということもありましたので、通信で学ぶことを決めて、いくつかの学校から資料を取り寄せました。
中には、受講料が安くて簡単そうなものもありましたが、最もきちんとした技術を修得できそうな日本リフレクソロジスト養成学院を選択しました。

通信講座で学ぶだけでなく、スクーリングで実際に講師から丁寧な指導が受けられたことが良かったです。力の入れ具合などは映像だけで理解するのが難しかったので、スクーリングに参加してようやくスタートラインに立った気がします。リフレクソロジーが足ツボや力による手技とは異なるということが実感できました。これから認定試験に向けて頑張りたいと思います。

カリキュラムを修了し、現在は直営サロンで働いています。先生は丁寧に指導をしてくれたということもあり、悪い印象はありません。ただ、実際にサロンで働くとなると、やはり接客業が好きで、リフレクソロジーが好きで、やりがいを求める人でなければやや厳しいかもしれません。

修了後、しばらくは直営のサロンなどで働いていたのですが、4年ほど経験を積んだのち念願の独立を果たすことができました。日本リフレクソロジスト養成学院は修了後に何年たっても開業相談をしてもらえるということを知っていたので、実際にさまざまな疑問を相談し、解消してもらいました。

日本リフレクソロジスト養成学院を卒業した後、学院の直営サロンにて登録スタッフとして勤務をスタートしました。現在までに、10年間勤務を続けています。家庭と仕事を両立させたかった私にとって、登録スタッフというシステムはとてもありがたい選択肢でした。家庭での子育てや家事で学んだことをサロンで生かすことができる場面もありますし、その逆に、サロンで学んだことを家族の健康を維持するために活用することもあります。これからも、直営サロンでの勤務をこなしつつプライベートの生活を充実させていきたいです。

個人サロンを開業して、日々お客様にリラックスしてもらうためのさまざまな工夫を続けています。「このサロンで施術をうけると、すごく安らげる」など高い評価をしていただけると、学院で身に付けたリフレクソロジーのスキルを提供できる喜びを実感します。資格をとり、プロのリフレクソロジストになってから10年が経ちます。それでもなお、リフレクソロジーは新たな発見ができる奥深い施術法です。これからも、できる限りたくさんのお客様に体と心の両面でほっこりできる施術をお届けしていきたいです。

講座名 リフレプロ資格取得コース
受講料 185,000円(教材費含・税別)
講座の特徴 自宅にいながらリフレクソロジーについてしっかりと学び、専門資格の習得を目指せます。
学習は主にDVDとテキストを用いて行われますが、それ以外にも実際に校舎に足を運んで指導を受けるスクーリングや金曜オープンデーという公開講座も開設されており、通信講座だけでなくインストラクターに直接技術指導をしてもらうことも可能です。
リンパマッサージの資格が取れる通信講座Best3
1位
資格のキャリカレ

キャリアカレッジジャパン公式HP引用元:キャリアカレッジジャパン公式サイト
http://www.c-c-j.com/

リンパケアセラピストとアロマテラピスト2つの資格取得を目指せる。
学習時間は1日15分程度で、修了期間の目安は5ヶ月。開業サポートなども充実している。

受講料
リンパケアセラピスト資格取得講座39,000円(税抜)

資格のキャリカレの公式HP

2位
グローバル
ボディケア
総合学院

グローバルボディケア総合学院公式HP引用元:グローバルボディケア総合学院公式サイト
http://g-bodycare.net/

実績があるプロの講師陣が技術と理論の両方をサポートしてくれる。
全身のオイリングからトリートメントまでを学べる「リンパリファインセラピー講座」がおすすめ。

受講料
リンパリファインセラピー講座42,000円(税抜)

グローバルボディケア総合学院の公式HP

3位
ベリーナチュラル
セラピースクール

ベリーナチュラルセラピースクール公式HP引用元:ベリーナチュルセラピースクール公式サイト
http://aroma-berry.biz/

リンパドレナージュやアロマテラピーに関連する講座を用意。「リンパドレナージュ4WD講座」は、ネットにつながりさえすればどこでも学習できるeラーニング形式を採用している。

受講料
リンパケアセラピスト資格取得講座49,200円(税不明)

ベリーナチュラルセラピースクールの公式HP

リンパマッサージの資格が取れる通信講座Best3

サイトマップ